アジングのタックル

【ワームインプレ】34 タープルを使った感想「おすすめカラー3選も紹介」

34(サーティーフォー)のタープルって使いやすいのかな?
34(サーティーフォー)のタープルの特徴は?

このような疑問や不安はありませんか?

小さいけどアピールが欲しい…。

もっとゆっくりとフォールしてくれないかな…。

豆アジ
アジングをしているとこんなこと思いませんか?

「タープル」は上記のようなシビアなアジングほど活躍する秘密兵器ワームです!

この記事では「タープル」の特徴を徹底解説します!また実際に使ってみた感想を紹介しますので参考にしてください♪

「34」タープルの特徴

アジング タープル

タープルは「サーティーフォー」が開発・販売しているワームです。

サイズは「1.6インチ」とアジング用ワームの中ではショートタイプになります。

カラー展開は現在10種類販売されており、どんどんと新色も発表されています。

「サーティーフォー」ならではのご当地カラーも楽しみですね♪

さる船長が「タープル」をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 小さいのにアピール力が凄い
  • 小さいのに飛距離が出る
  • 小さいのにフォールスピードが遅い 
それぞれ解説していきます!

小さいのにアピール力が凄い

「タープル」はアジング用ワームの中ではショートタイプになります。

つまり、ワームのボディサイズは小さいです。(1.6インチ)

ワームのサイズが小さいとアピール力が弱いんじゃないの?

当然、このような疑問がありますよね?

「タープル」が小さいのにアピール力がある理由は以下のとおりです。

  1. 体積が大きいファットボデイ形状
  2. ファット形状のボディーに入った縦のスリッド

詳しく解説します。

①:体積が大きいファットボディ形状

「タープル」は小さいボディサイズでもアジにアピールするため、ボディ形状をファットボディにしています。

こうすることで、ボディ内にラメやグローが多く入りアジにアピールします。

②:ファット形状のボディに入った縦のスリッド

「タープル」のボディには縦に大きなスリッドが入っています。

こうすることでマテリアルの柔らかさを最大限に生かす滑らかな動きでアジにアピールします。

このように「タープル」はボディが小さいことで起きるデメリットをなくす工夫がされています♪さすが「サーティーフォー」が作ったワームですね!

小さいのに飛距離が出る

「タープル」はボディサイズが小さいのに飛距離がでるワームです!

通常は、ボディサイズが小さくなれば重量が少なくなるので飛距離が出にくいです。
なぜ「タープル」はボディサイズが小さいのに飛距離が出るの?

このような疑問がありますよね?

「タープル」が小さいのに飛距離が出る理由は以下のとおりです。

「タープル」はボディのシルエットは小さいですが、ファットボディにすることで体積が増え飛距離がでます。

ポイントが沖目でベイトサイズが小さい時は「タープル」が大活躍します!

小さいのにフォールスピードが遅い

「タープル」はボディサイズが小さいのにフォールスピードが遅く、スローなアジングができるワームです!

通常は、ボディサイズが小さくなれば体積も少なくなり(水抵抗が少なくなり)フォールスピードが速くなってしまいます。

アジのレンジ(深さ)が浅い時のアジングではワームのフォールスピードが重要です。

ワームが速く沈みすぎてアジのレンジを通過してしまうけど、ワームのサイズを大きくはしたくない…。

こんな不満があるアジングを経験したことはありませんか?

ベイトサイズが小さい時にワームのサイズを大きくしたくないですよね。

でもそんな時に限ってアジの活性がよく、レンジが上の方になることが多いです。

さる船長が釣行するポイントではこのような条件のアジングがよくあります!こんなときでも「タープル」があれば、シルエットが小さくフォールが遅いスローアジングが簡単にできます!

「34」タープルのインプレ

ここでは実際に「タープル」を使った感想を紹介します。

実際に使ってみた感想を結論から言います!

朝マズメ、夕マズメの高活性時に最強のワームです!

さきほど紹介した特徴にもあったようにスローな展開も得意ですが、ハイアピールできる特徴を生かした高活性時のスピーディーなアジングでも活躍します!

アジが高活性なマズメ時は、スピーディーでハイアピールのアジングが有利です。

理由は、沖から回遊のアジが多くはいってくるためです。

さらにアジの群れは頻繁に変わるので、レンジやポイントもすぐに変わってしまいます。

アピールするなら大きいサイズのワームではだめなの?

当然こんな疑問がありますよね?

アピールするならサイズが大きなワームを使う考えは間違いではありません。

ですがそこには大きなデメリットがあります。

アジがスレやすい(ワームを見切られる)ことです。

朝マズメや夕マズメは非常にアジの活性が高く、アジンガーにとっては1番興奮する時間帯であり釣りやすい時間帯です。

ここでしっかりとアジを釣ることができるかが釣果の差になります。

「タープル」はボディサイズが小さいことで起こるデメリットを少なくし、メリットを大きくしたアジングに特化したワームなんです!

「タープル」を使うことでアジがスレにくく、ハイアピールするアジングが可能になります!

「34」タープルのおすすめカラー3選

「タープル」を使う際に必ず選ぶおすすめカラー3種類を紹介します!

「タープル」を使うならこの3種類がおすすめですよ♪

あまがえる

「タープル」で1番よく使うカラーです!

「あまがえる」はグローボディに金ラメが入ったカラーです。

特に夕マズメ時に信頼できるカラーで、日が沈んでもそのまま使えます!
とにかくよく釣れるカラーで、夕マズメにポイントに入った時は始めに必ず使うカラーです♪

にじ

「あまがえる」は夕マズメに強いカラーですが「にじ」は朝マズメに強いカラーです!

「にじ」はグローボディにホログラムラメが入ったカラーです。

薄暗い時間帯にはグローでアピールし、日が昇ったらホログラムでアピールする最強カラーです!
マズメ時の短い時合もこのカラーだけで戦える頼もしいカラーです!

あかくらげ

「あかくらげ」はグローボディにアジの反応がない時に活躍するカラーです!

「あかくらげ」はケイムラボディにピンクの点発光が入ったカラーです。

グローに反応が悪い時はケイムラにすると反応がいいことがあるのでケイムラカラーは必須です!
潮が澄んでいたり光量が多い(月が大きい)時にも反応がいいことが多いです!

この記事のまとめ

この記事では「タープル」を実際に使ってみたインプレを紹介しました!

また「タープル」に合ったアクションや特徴、実際に使ってみておすすめできるカラー3選も紹介していますので参考にしてください♪

「タープル」は特にマズメ時には大活躍するワームです!サイズも小さいのでショートシャンクのジグヘッドとも相性がいいですね♪
アジングにおすすめのワームを紹介!【頼りになる最強ワーム7選】「アジングワームのおすすめってあるの?」このような疑問がありませんか?この記事では、僕が実際に使っておすすめできるアジング用ワームを7種類紹介します!アジング釣行でどのワームを使ったらいいか迷っている方は是非参考にしてください!...