アジングのタックル

【ジグヘッドインプレ】シマノのタングステンファインヘッドを使った感想

シマノのタングステンファインヘッドって使いやすいのかな?
シマノのタングステンファインヘッドの特徴は?

このような疑問や不安はありませんか?

アジング

【メール便可】シマノ ソアレ タングステンファインヘッド[TGファインヘッド]  1.6g SS-T16K

この記事ではシマノから販売されている「タングステンファインヘッド」を徹底解説します!また実際に使ってみた感想を紹介しますので参考にしてください♪

タングステンファインヘッドのインプレ「特徴と使い方を解説」

シマノ タングステンファインヘッド

「タングステンファインヘッド」はシマノが発売するタングステンタイプのジグヘッドです。

各社からタングステンタイプのヘッドは発売されていますが、シマノの「タングステンファインヘッド」はアジングブーム全盛初期からある老舗タングステンヘッドです。

タングステンでずっと信頼して使っているジグヘッドですい♪

タングステンファインヘッドのヘッド形状

「タングステンファインヘッド」は、シマノ独自のフォルム設計でかっ飛び仕様になっています。

タングステン+ヘッドの重心が前傾なので飛距離が出ます!

さらに、ヘッドが小さく水の抵抗が少ないためフォール速度が速いのも特徴です!

タングステンファインヘッドのフック形状

「タングステンファインヘッド」の軸計は「0.6mm」の細軸で刺さりが抜群です。

アジのショートバイトも逃さない超細軸仕様です。

さらに、シマノ独自の開発で「タングステンファインヘッド」は超細軸でありながら伸びにくく耐性も抜群になっています!

タングステンファインヘッドのラインアイ

「タングステンファインヘッド」のラインアイは大きくてラインやスナップが通しやすいです。

夜間メインのアジングではラージアイは大切です。
タングステンジグヘッドは、風が強い日や光量が少ないポイントでは本当に助かります!

タングステンファインヘッドのここが残念

「タングステンファインヘッド」を使ってみて残念だったポイントが2点あるので紹介します。

①:価格が高い

「タングステンファインヘッド」の価格は他のジグヘッドより高めです。

タングステンヘッドのメリットを考えるとデメリットではないですけどね・・・。

②:ワームがずれやすい

これは細軸のロングタイプのシャンクが使われているジグヘッド全般に言えるデメリットです。

しかし、ワームずれ防止の対策をすると問題ありません!

タングステンファインヘッドのラインナップ「サイズと重さ」

シマノ タングステンファインヘッド

画像参照元→シマノ

「タングステンファインヘッド」の重さのラインナップは「1.2g~2.5g」の4種類あります。

  • 1.2g
  • 1.6g
  • 2.0g
  • 2.5g

幅広いウエイトが揃っているわけではありませんが、タングステンのジグヘッドを使うメリットを考えれば十分ですね!

基本は、飛距離重視で「2.5g」を使っています♪

3種類のヘッドカラー

シマノ タングステンファインヘッド

画像参照元→シマノ

「タングステンファインヘッド」には3種類のヘッドタイプがあります。

  • ノーマル
  • ケイムラ
  • グロー

上記の3種類ですね。

どのタイプを選んだらいいですか?
結論はどのタイプでも問題なく釣れます。
とはいえ、悩む人もいると思うのでおすすめの使い方を紹介します♪

①:ノーマルタイプ

ポイントの水深が浅い場合やアジのレンジが浅い時におすすめ!

②:ケイムラタイプ

朝、夕のマズメ時に効果抜群!LEDの常夜灯があるポイントにもおすすめ!

③:グロータイプ

ポイントの水深が深い場合や光量が少ない時におすすめ!

ディープポイントでのデイアジングにもおすすめ!

自分のホームのアジングポイントに合わせて選ぶといいですね♪

この記事のまとめ

この記事では「タングステンファインヘッド」を実際に使ってみたインプレを紹介しました!

また「タングステンファインヘッド」に合ったアクションやサイズと重さのラインナップを詳しく紹介していますので参考にしてください♪

「タングステンファインヘッド」の飛距離とフォール中の速さはディープポイントを攻めるアジングには強力な武器になります!マズメ時のスピーディーなアジングにもおすすめです♪
アジング用ジグヘッドの重さって何gが必要?揃える種類は?「アジングのジグヘッドの選び方って?」このような疑問はありませんか?この記事では、アジング用ジグヘッドの選び方や種類について詳しく解説します!あなたのアジングポイントに適した選び方も紹介しますので参考にしてください!...