アジングの考察

アジングの「ドリフト(レンジキープ)」のやり方【コツと注意点を解説】

アジングの「ドリフト(レンジキープ)」のやり方は?
「ドリフト(レンジキープ)」にコツってあるの?
「ドリフト(レンジキープ)」におすすめのワームを教えて!

このような疑問や質問はありませんか?

「ドリフト(レンジキープ)」のアクションは、現在のアジングでは必ず知っておくべきアクションです。

潮流に乗せて流す「ドリフト(レンジキープ)」では、使うジグヘッドとワームの選択が重要です!

この記事では、プランクトンパターンの基本の誘い方である「ドリフト(レンジキープ)」について解説します!釣果UPに繋がるコツやワームも紹介しますのでぜひ参考にしてください♪

アジング「ドリフト(レンジキープ)」のやり方とは?【基本アクション】

アジング

「ドリフト(レンジキープ)」は、アジングで使うアクション(誘い方)の1つです。

現在のアジングではプランクトンパターンの攻略が必須です。

このプランクトンパターンに効くアクション(誘い方)が「ドリフト(レンジキープ)」です!

ドリフト(リトリーブ)のやり方

「ドリフト(レンジキープ)」の方法は、潮流にのせてレンジキープします。

この方法で大切なのは、潮流の速さとジグヘッドの重さです。

  • 潮流が遅い(緩い)⇨ジグヘッドの重さは軽い
  • 潮流が速い(強い)⇨ジグヘッドの重さは重い

上記のように、その日のポイントの潮流に合わせてジグヘッドの重さを選択します。

始めは軽めのジグヘッドを使って潮の速さを見ると分かりやすいです!

ドリフト(リトリーブ)の注意点

「ドリフト(レンジキープ)」には注意点があります。

それは以下の2点です。

  1. アクションをつけてはいけないこと
  2. ジグヘッドを重くできないこと

順番に詳しく解説します。

①:アクションをつけてはいけない

アジングはロッドでアクションをつけてアジを誘います。

しかし「ドリフト(レンジキープ)」のアクションは、ノーアクションであることが重要です!

軽いジグヘッドを使うドリフトでは、アクションをつけるとジグヘッドが浮いてしまいます。

こうなってしまうと、潮流に流せなくなりレンジキープが難しくなってしまいます。

「ドリフト(レンジキープ)」では、アクションを付けず潮に流し続けることが重要です!

②:ジグヘッドを重くできない

ジグヘッドの場所が分からない時に重さを重くしていませんか?

「ドリフト(レンジキープ)」のアジングでは軽いジグヘッドを使うことが重要です!

理由は、軽いジグヘッドのほうが潮に乗せて流しやすいからです。

つまり、軽いジグヘッドを使う方がレンジキープも簡単になるということです♪

アジング「ドリフト(レンジキープ)」のコツ【釣果UP】

アジング ドリフト

「ドリフト(レンジキープ)」で釣果UPを目指すためにはコツがあります。

それは「ドリフト(レンジキープ)」に特化した仕掛けを使うことです!

軽量ジグヘッドを使ったアジングは難しいので、道具選びは慎重にしましょう!

①:特化したジグヘッドを使う

アジング専用のジグヘッドは、各メーカーから様々な形状のものが発売されています。

どのジグヘッドを使ったらいいんですか?

結論を言うと、ウエイトが軽くても扱いやすいジグヘッドを選ぶことです。

ドリフト中のジグヘッドの姿勢が安定するヘッド形状ということも重要です!

②:特化したワームを使う

ジグヘッドと同様に、各メーカーから様々なアジング用ワームが発売されています。

これも結論から言うと、ドリフトさせやすい形状のワームを選ぶことです。

ワームを選ぶコツは、プランクトンパターンに特化したワームを選ぶことです!

アジング「ドリフト(レンジキープ)」におすすめのジグヘッド

アジング ドリフト

ここでは実際に使っている「ドリフト(レンジキープ)」におすすめのジグヘッドを紹介します!

【TICT】アジスタ

「ドリフト(レンジキープ)」でも使いやすいオールラウンドのジグヘッドです。

アジスタは潮受けを考えたジグヘッド形状になっているので、軽量ジグヘッドを使う「ドリフト」で扱いやすいジグヘッドです!

「ドリフト」では「SS~S」サイズのジグヘッドを使います♪「SS」サイズはゲーブがネムリになっているのでアジのサイズが小さい時に使うようにしてください!

【34】ストリームヘッド

アジング専門のメーカーが出す本気で掛かりが良いジグヘッドです!

特に軽量ジグヘッド「0.6g~1.0g」の扱いやすさは抜群です!

潮受けの良さ、掛かりの良さ共に好きなジグヘッドですが、ラインアイが小さいのがネック…。もう少し大きければ1番好きなジグヘッドなんですけどね!

アジング「ドリフト(レンジキープ)」におすすめのワーム

アジング ドリフト

ここでは実際に使っている「ドリフト(レンジキープ)」におすすめのワームを紹介します!

【34】オクトパス

プランクトンパターンの王道ワームでマテリアルも柔らかくおすすめです!

ボディに細かく刻まれたリブが潮をしっかりと掴んで「ドリフト」とも相性が良いです♪

カラーも豊富に揃っていて悩みますが、自分のおすすめは「あからめ」と「あめいろ」です!特にアミパターンでは効果抜群です♪

【TICT】ブリリアント

ブリリアントもオールマイティーなワームで「ドリフト」におすすめです!

「ドリフト」の時のおすすめは「1.5インチ~2インチ」のモデルです♪

ブリリアントは、フォルムは小さいけどボディがファット(太め)なのでドリフトとの相性がいいです!

まとめ:「ドリフト」はジグヘッドとワームの選択が重要

この記事では、プランクトンパターンの基本の誘い方である「ドリフト(レンジキープ)」について解説しました。

「ドリフト」ではアクションを付けるとアジが違和感を持ってしまいます。

大切なことは、自然に潮に乗せて流すことです。

そのためには「ドリフト」に特化したジグヘッドやワームの選択が重要です!

「ドリフト(レンジキープ)」はプランクトンパターンを攻略するために必須のアクションです!紹介したコツやリグを参考にしてください!
アジングでおすすめのアクションの仕方や釣り方は?【厳選5アクション】 このような疑問や不安がありませんか? アジングで釣果を上げるにはポイントに合わせた「釣り方...