アジングの考察

アジングで釣れないのはなぜ?【釣れない原因と解決策を解説します】

アジングって釣れないよね?
なぜ釣れないのか原因が分からないよ…。
何か解決策はないの?

このような疑問や不満ありますよね?

アジンガン

アジングで釣れないと悩んでいる人の多くは、同じような共通点があります。

アジング 釣れない

結論から言うと、自分で釣れない原因を作ってしまっていることが多いです。

釣れない原因の多くは【時期・日・ポイント選択・ワーム選択】にあります。

この記事では、自分がやってきた失敗をもとに解決策を詳しく紹介します!

アジングで釣れないのは時期が関係?

アジング 釣れない

アジングには釣れやすい時期と釣れにくい時期があります。

始めに知って欲しいのが、アジが釣れない時期があるということです。

どんな上級者もプロも初心者と同じで、アジが釣れない季節や時期は釣れません。

現在アジングをやっても釣れないと悩んでいる方は、アジが釣れにくい季節にアジングをしていませんか?

特にアジング初心者の方は、アジが釣れやすい時期に釣行することをおすすめします!

「アジングをやっても釣れない!」と悩んでいる方は必ずお住まいのアジングシーズンを確認してください!

>>アジングの時期と季節のおすすめ【全国各地のシーズン一覧】

春(3月~5月)

春のアジングは、アジの産卵時期が絡んだ季節です。

産卵を控えたアジが餌を追って荒食いをします。

ただし、小魚などの餌を追っているケースが多いので、日に日にアジの回遊ルートが変わりやすい季節でもあります。

さらに捕食する餌の種類も変わりやすく、その対象は小魚からプランクトンまで様々です。

昨日釣れていたアジが今日は全く釣れないなんて事もよくある季節です。

1箇所で粘らずに、フットワークを軽くランガンスタイルのアジングで攻略しましょう!

夏(6月~8月)

夏のアジングは、サイズは出にくいですが数釣りが期待できます。

アジング初心者にもおすすめの季節で、比較的簡単にアジが釣れてくれます。

夏は「気温・水温」ともに上がる日中のデイゲームは控え、夜間の常夜灯周りを攻めたアジングをおすすめします!

秋(9月~11月)

秋のアジングは、アジングのベストシーズンとも言える季節です。

水温も落ち着き、アジの活性が最も高くなる季節でもあります。

アジのサイズも大きくなりアジングを最も楽しめる時期です!

積極的にアジが餌を追いかけるので、初心者でも釣りやすく数も期待できます!

冬(12月~2月)

冬のアジングは「気温・水温」ともに下がりアジングでは1番釣れにくい季節です。

この時期にアジングを始めると「アジング=釣れない」と諦めてしまいがちです。

アジング上級者でも冬のアジングは釣りにくく、風も強い日が多いのでアジンガーには厳しい釣行が多くなります。

しかし、尺アジなどの大型アジが釣れるのは冬が多いことも事実です。

数は釣れませんが1匹大型のアジを狙うアジンガーが多く、ぜひチャレンジしてみてください!

アジングには釣れない日があるって本当なの?

アジンガン
アジングには釣れない日があるって本当?

このように思う方はいませんか?

結論から言うと、決まって釣れない日はありませんが、釣りにくい日は存在します!

釣れない日の特徴を4つにまとめましたので確認してください!

①:釣れない日は潮回りが関係?

大きな原因の1つが「潮回り」です。

海には以下の潮回りがあります。

  • 大潮
  • 中潮
  • 小潮
  • 長潮
  • 若潮

大中小の順に潮の干満が大きくなり、長潮が1番動きが小さな潮になります。

若潮は、潮の動き始めで長潮より動き、小潮より動かない特徴があります。

アジングに限らず海釣りには潮回りがとても大切です!潮が動かないと魚は捕食行動に移りにくいので釣りにくくなってしまします!

>>釣果が変わる潮の見方はこちらです!

②:釣れない日は月の大きさが関係?

2つ目の原因が「月の大きさ」です。

海釣りが好きな方には当たり前の話しかもしれませんが、月の大きさが釣果に影響することがあります。

月の大きさには以下の種類があります。

  • 満月
  • 半月
  • 三日月
  • 新月

上記のように月の大きさが変わると光量が変わります。

魚種によって光量が大きい方が釣果が良い種類もいますが、アジは月が大きい(光量が多い)と釣れにくくなることが多いです。

満月の日に、堤防の常夜灯の下で釣りをしているとボウズなんて事もありえるので注意してください!

>>アジングの鉄板ポイントについてはこちらです!

③:釣れない日は天候が関係?

3つ目の原因が「天候」です。

釣りにおいて天候も釣果に影響を及ぼす大きな原因になります。

釣りに影響する天候は以下の通りです。

  • 晴れ(凪)
  • 強風

上記以外にもありますが、安全釣行を第一に考えると例外になります。

この中で1番釣れにくい天候はどれだと思いますか?

答えは「晴れ(凪)」です。

特に先程の項で話した、月が大きい日に重なるとかなりアジングが難しくなってしまいます。

雨や強風の日が釣れないと思った方が多いのではないでしょうか?アジングでは雨や風は味方にして釣果を上げることも出来ますよ!

>>雨のアジングの攻略方法はこちらです!

>>強風のアジング攻略方法はこちらです!

④:デイゲームは釣れない?

4つ目の原因は「デイゲーム」です。

デイゲームとは日中の明るい時間帯に釣りをすることを言います。

特にルアーを使ってアジを釣るアジングは、時間帯によって釣果が変わりやすいです。

日中にアジングをして釣れないと諦めている方は、夜間のアジングに挑戦すると思わぬ釣果に恵まれることがありますよ!

>>デイゲームのアジング攻略方法はこちらです!

>>夜間アジングの攻略方法はこちらです!

ポイント選びが重要【アジの回遊を予想しよう】

アジング 釣れない

アジングで釣れない原因は、アジがいない場所でアジングをしているからです。

当たり前のことですがどんなテクニックより大切なことです。

アジがいる場所や回遊するポイントってどうやったら分かるの?

こんな疑問ありますよね?

完璧に分かることはありませんが、アジの回遊ポイントを予想することはできます。

適当に場所選びをするのではなく、アジを狙うポイントを絞って釣行するようにしましょう!

>>おすすめのアジング鉄板ポイント徹底解説!

狙うべき5つのポイント

ここでは、実際にアジングで狙うべきポイントを解説します。

ここでは、日中のデイゲームではなく夜間のアジングに絞って紹介します。

常夜灯の周り

漁港や堤防にある常夜灯は、アジングの1級ポイントです。

これはどの地域でも同じです。

常夜灯の灯りに寄ってくる小魚やプランクトンにアジが寄ってきます。

係留漁船の周り

漁港内でアジングをしていると、係留されている漁船があります。

ここもアジングの好ポイントです。

さらに明かりが届き、影ができていると1級ポイントになります。

漁船の影に隠れているアジを狙いましょう!

ミオ筋・船道

漁港には船道と言われる、海底が掘れている場所があります。

これがミオ筋です。

通常は、漁港から外洋に出る真ん中辺りがミオ筋になっていることが多いです。

このようなカケアガリに沿ってアジは回遊しやすいので狙いましょう!

漁港のスロープ

漁港内には、漁船の上げ下ろしに利用するスロープがあります。

ここも人工的なカケアガリになりアジの回遊が多くなります。

アジはこのようなカケアガリを、餌(ベイト)を追い詰める時に使います。

理由は、小魚の逃げ場をなくして簡単に捕食するためです。

このようなイメージでアジングをすると釣果がでやすいです!

砂浜・ゴロタ浜

アジングではメジャーではありませんが、砂浜(サーフ)やゴロタ浜も好ポイントになります。

アジの餌となるゴカイなどの虫類や、小魚、プランクトンなど豊富だからです。

砂浜は遠投できるタックルで狙い、ゴロタ浜などのカケアガリはジグヘッドやメタルジグなどに好反応なケースが多いです!

細かいポイント移動が大切

アジングで釣れないと言う人に多い原因が1箇所で粘ることです。

アジは1箇所で居着く魚ではなく回遊する魚です。

地域によっては居付きのアジもいますが、基本は餌を追って回遊しています。

「ここだ!」と意気込んで腰を下ろしたのは分かりますが、アジングで釣果を上げている人のほとんどは細かく場所移動をする人たちです。

ランガンで細かくアジの居場所を探してポイント移動をしましょう!

サビキ釣りから考えるアジングポイント

漁港や堤防に行くと、サビキ釣りでアジを釣っているのを見たことがありますよね?

良くアジングと比較されるサビキ釣りですが、そこには多くのヒントが隠されています。

結論を言うと、昼間にサビキ釣りでアジが釣れているポイントは好ポイントになります!

昼間にサビキでアジが釣れているポイントは、夜間のアジングにも期待できます。

理由は、アジの回遊場所であり居付きのアジにも期待できるからです!

サビキ釣りでアジが釣れているポイントはチェックしておきましょう!

アジが回遊するレンジに合わせよう

アジング 釣れない

アジはレンジ(水深)がとても大切な魚です。

どれだけ好ポイントでアジングをしても、アジのいるレンジが分かっていなければ釣れません。
ここでは、アジング初心者の方には難しく感じる「レンジ」について解説します。

>>アジングにおすすめの鉄板アクション5選!

アジがいるレンジの調べ方

アジングではレンジを測ることが重要です。

レンジってどうやって測ればいいの?

レンジは「カウントダウン」という方法で測ります。

「カウントダウン」は、初めて行ったポイントでも必ずやるようにしましょう!

基本になるのが「カウント5」です。

ルアーが着水してから「カウント5→カウント10→カウント15→カウント20…」のように徐々にレンジを深くしていきます。

この中で、反応があったレンジがアジがいるレンジということです。

反応があったレンジを細かく狙うことでアジングの釣果が上がります!

アジが反応するアクション(誘い方)を覚えよう!

アジング 釣れない

アジングには色々なアクション(誘い方)があります。

アジが釣れないと悩んでいる方は、アジが反応しやすいアクションを覚えましょう!

リフト&フォールがおすすめ

アジングの基本となるアクションで最もよく釣れる誘い方です。

「ただ巻き」を多く使う方がいますが、このアクションだけではアジがスレてしまいます。
アジは落ちてくるものに反応が良いので「リフト&フォール」の誘い方を覚えるとアジングの釣果は上がります!

>>「リフト&フォール」のやり方【コツと注意点を解説】

フォール速度の変化

ルアーのフォールスピードを変化するのも有効です。

ジグヘッドの重さの変更は簡単で効果的なテクニックです!

「1.0g→1.5g」たった0.5gの変化だけでもアジの反応は全く変わってきます。

フォール速度を速くした方が良い場合と、遅くした場合が良い場合があるので、なるべく多くの重さの種類を準備するようにしましょう!

アジングで釣れないのはワームの選択ミス?

アジング

アジングで釣れない原因に「ワームの選択」があります。

様々なメーカーから、毎月迷うぐらいのワームが発売されていますよね?

今日はどのワームを使ったら良いんだろう?

このような疑問や不安があることはありませんか?

結論から言うと、ワームの種類は釣行時の状況に合わす必要があります!

釣具屋に行く度に新しいワームを買っていませんか?

実はその方法をしていると、アジングで釣果を上げていくことは難しいです。

理由は、自分が通ってるポイントに合ったワームの種類が分からない事と、ワームの動きの特徴に慣れない事にあります。

ころころとワームの色や種類(形状)を変えるのではなく、自分に合ったワームに慣れる事がアジングで釣果を上げるコツです!

>>アジングでおすすめの最強ワームを紹介します!

アジが近くにいない場合は遠投も必要

アジング 釣れない

アジは餌を追いかけて回遊する魚です。

つまり、アジの餌となる小魚やプランクトンが寄っていないとアジはいません。

結論を言うと、漁港内や堤防に寄っているアジを探すことをおすすめします。

ですが、どうしてもアジがいない場合は遠投してアジの回遊ルートを探すことも必要です。

この場合に使うのが以下の仕掛けです。

  • スプリットショットリグ
  • キャロライナリグ
  • フロートリグ

ジグヘッド単体やプラグでは遠投が出来ません。

遠投タックルを使って広範囲を釣ればチャンスは大きくなります。出来れば遠投タックルも揃えたほうが釣果アップに繋がりやすいですね!

アジングの合わせは難しい?【コツを解説】

アジング 釣れない

アジングで釣れない人は、アジのあたりが分かっていない人が多いです。

せっかくアジがあたっていても、合わせが出来ていないなんてもったいないです。

とにかく怪しいと思ったら合わせることです!それとアジは口が弱い魚なので優しく合わせるようにしましょう!

これらを意識するだけで、今までに逃していたアジを釣ることが出来ます!

バラさないコツはこれだ!

アジング 釣れない
逃した魚は大きい…。逃してしまったアジを数えると大漁…。

こんな経験や不満ありますよね?

コツを掴めばアジのバラしは少なくなります!

合わせのコツの解説でも解説しましたがアジは口が弱い魚です。

アジが掛かってから時間が経つと、アジの口が避けてしまいます。

これがバラしの大きな原因です。

リールのドラグは緩めに調整し、アジとファイト中はテンションを抜かないようにしましょう!

海面まで上がってきたアジが暴れてバラしてしまうことも多いので、ランディングネットも準備することをおすすめします!

プロのアジングを見て勉強しよう!

アジング
アジングのスキルアップが出来ないよ・・・。

このような悩みがある方はいませんか?

ここまで様々なアジングで釣れない原因と解決策を解説しましたが、もう1つおすすめの方法があります!

それは、

プロのアジングを見て勉強することです!

人のアジングを見ると、自分では分からないアジングで釣れない理由に気付ける事があります。

さらにそれがプロのアジングだとなおさらの事です!

プロのアジングってどこで見て勉強するの?

このような疑問がありますよね?

簡単にプロのアジングを見て勉強する方法は、

「U-NEXT」で見る方法です!

「U-NEXT」では、アジングを始め様々な釣りを放送しています。

さらに、今なら無料で視聴することが出来るのでおすすめです!

雨の日や天気の悪い日は無理をせず「U-NEXT」でプロのアジングを見て勉強するのもおすすめですね!

>>「U-NEXT」で釣り番組を無料視聴する方法を解説!

まとめ:アジングで釣れない原因は「時期・日・場所・釣り方」

この記事では、アジングで釣れないと悩んでいる方に具体的な原因と解決策を紹介しました。

上記を意識してアジングをすると「釣れないアジング」から「釣れるアジング」になり、よりアジングが楽しくなりますよ!

釣りやすい夏から秋にかけて場数を踏むことが大切です!練習をすればするほどアジングが上達し楽しくなりますよ!また「U-NEXT」の釣り番組で、プロの技を見て勉強するのもおすすめです!

アジングの時期は「どの季節が」おすすめ?全国各地のシーズンまとめ!アジングにおすすめの時期はいつなのかな?このような疑問はありませんか?この記事では、アジングにおすすめの時期を全国一覧で解説します!また、季節別のおすすめやアジのサイズ別のおすすめ時期も紹介しますので参考にしてください!...